Minstrel☆Sanctuary

自転


太陽になれぬ木星さへづれり

雛過ぎの雲の奥なる探しもの

さくら飛びだして眺めのいい部屋に

雲雀野のミノタウロスの影を曳く

ぶつかつて鹿の朧となりにけり

春の山自転の音のしてゐたり





河 5月号  2007
[PR]
by minstrel1209 | 2007-03-27 21:02 | poem