Minstrel☆Sanctuary

trace


月と星のあはひに生まれ梅雨茸

噂してほたるぶくろのひらきさう

青水無月半身はまだ水の中

足あとを消しゆく祇園囃子かな

合歓咲いて風をまとつてゐるかたち

口笛の銀河の淵に辿り着く

   
      
河 2007.9.  銀河集  
[PR]
by minstrel1209 | 2007-07-20 07:28 | poem