Minstrel☆Sanctuary

木馬


木馬から人の出てくる冬銀河

風花にいつぽんの木の醒めてゆく

絵の中の冬のミルクを注ぐ音

春寒のタグのひとつとなるわたし

うすらひの空へ梯子を架けておく

鳥の恋こころにいくつ部屋がある



河  銀河集  4月号    2009.4.



e0116532_19165578.jpg

[PR]
by minstrel1209 | 2009-02-14 06:00 | poem