Minstrel☆Sanctuary

<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

自由律歌仙  真冬の森 の巻

e0116532_23532136.jpg





【表】
発句冬   やわらかなひかりが届いて
        真冬の森は 目覚めはじめる
        旅立ちを見送るために
        そんな朝                        くみこ   

脇句冬   突然の時雨のためか辺りには誰もいない     出微衣

第三雑   どこからか 笛の音が聞こえる
        ひかりのほうへ歩こう                く

雑      でもそれは風が呼んだだけのこと         出




e0116532_23535180.jpg





月の定座秋    月が見ている
            船出のときが来た                く

折端秋       帆先に鶺鴒がいる、タヒチの空        出




e0116532_23542053.jpg





【裏】
折立秋   古酒を飲むには大鉦鼓を
        二度鳴らす慣わしがある                出

恋      それは 言葉の芽生え                 く

恋      ボナン・バルンの音にざわめく肌え
        引き潮がこんなに美しいとは              出

雑      石は黙っている
        落日の水際                        く

雑      焼畑の煙がまだ燻ぶっている
        水牛の角も疲れている、とは奴からの手紙     出

雑      ランタンは 舟に生き舟に死す             く




e0116532_23545247.jpg





月の定座夏  灼熱のルソンの精霊像を照らす月
          経典が解読されることはなかった        出

夏        守宮には 星の窓がある              く

雑        仮面の眼が鋭すぎる
          確かに呪術には仮面が必要だ          出

雑        影の私がいる
          ひかりを踏んでみる                 く




e0116532_23552050.jpg





花の定座花    ビルマの王子は白馬で駈ける
            隣国タイとの戦いは
            もうどのぐらいになったろうか
            花吹雪が頬を覆う                 出

折端春       落ちてきた雲雀の冷たさ             く




e0116532_23554477.jpg





【名残の表】
折立春   立ち昇るように 漂うように 声明
        雛の闇が ひらいてゆく                 く

雑      朝鮮の王は悠然として                 出

雑      祭祀の床は 晩餐の赤と黒
        ただ ひそやかに木の沓を脱ぐ            く

雑      祝いの魚を二尾供えて                 出

冬       潮のように 
        藍が 打ち寄せてくる
        その先には 雪の頂                  く

冬      二弦琴の音が冴え渡り                 出

雑      苗族の腕輪は さざめき
        ほのかな繭あかりさえ                  く

恋      あしたのために紅を塗る                 出

恋      チベットの七日のうちに 
        どこに置いてきたのか
        時計の青い文字盤                    く

雑      古老は言い淀みて息を吸う               出




e0116532_2356129.jpg





月の定座秋   荷車が運んでゆくよ
           干草の匂いの
           十六夜の月                       く

折端秋      流星はタジクの空に
           土笛は遠くで                      出




e0116532_23564789.jpg





【名残の裏】
折立秋   葡萄たわわなタシケントの中庭で眠っています      出

雑      糸車まわせば乾く                       く

雑      発酵乳で飲み明かし
        天幕は煌々としている                    出

雑      羽ばたいてゆく馬頭琴                    く




e0116532_23571326.jpg





花の定座花    埋もれた記憶の淵を辿りながら
            塔は 翼を広げるだろう
            舞い上がる花びらを抱くように               く

挙句春       児童公園のふらここがいつまでも揺れていた      出




e0116532_2357384.jpg





平成二十年十二月二十一日 冬至
於 国立民俗学博物館
連吟  出微衣  くみこ
[PR]
by minstrel1209 | 2008-12-24 00:52 | poem

恋するイチガン


e0116532_6554653.jpg







響く光景に出逢ったとき、心のシャッターを切る。 一瞬の切り取りに想いを託す。 写真も俳句も、これは変わらない。

どちらも一度きりのかけがえのない出逢い。 写真は刹那。捉えたい光は、ミラージュのように、消え去ってしまう。 だが、俳句には想いを熟成させる時間がある。 言葉にできず、感動を仕舞う抽斗。 そこから、句は巣立ってゆく。 

俳句はわたしのサンクチュアリ、写真は純粋な楽しみ。 そう思っていた。 ところが、昨秋、一眼レフに変えて以来、すっかり写真の虜に。 吟行の傍らには、目下の恋人NikonD80。 撮りたいイメージを描きながら、光と戯れる。 それは、極上の悦楽。 弊害その一。 写真に夢中になると、俳句の神さまが降りて来ない。 対策その一。 ある程度、撮影してから、俳句の料理にとりかかる。
撮った写真を選ぶとき、俳句の自選に近い感覚が甦る。 目で見たものと画像の違いに驚き、魅了される。 カメラ独自の光の粒子。 たとえば、そんな心象風景を俳句に変換できたら。 これは、ひとつの野望。 

写真は、性能のいいレンズやカメラ本体が写し撮っている画像に過ぎない。 それなら、わたしの撮る写真とは何だろう。 けれど、ある日、この過ちに気づいた。 俳句も、一から生み出すものではない。 先人たちが慈しみ、歴史の流れに磨かれた季語という言葉の力を借りる。 季語を縦糸、想いを横糸に、たんねんに言の葉を紡いでいく。

2年前、体調を壊して休職冬眠。 気分転換に、日々カメラ散歩と称して、近くの森を歩きはじめた。 まずは、デジタルの操作を覚えよう。 触ってみる。 試してみる。 冬麗の光が、被写体の輪郭を象る刹那。 写真の面白さに目覚めたのは、そんなときだったかもしれない。

春を待つレンズの向こうで、桜の芽が少しずつ膨らんでゆく。 健気、強靭。生きようとするいのちの力を見つめていると、元気になろう、また、大好きな仕事に復帰したい。 心からそう感じることができた。

俳句はアングルのヴァイオリン。 だけど、写真に触れることで、そのスタンスを見つめ直す。 俳句はときめき。 憧れを見失わないように。 写真はミラクル。 レンズを通した世界の発見が、俳句や評論にいい影響を及ぼしてくれたら、それは素敵なことに違いないから。


             竜の玉約束のまだ果たされず    久美子




一粒 12月号  2008.12.





e0116532_23454988.jpg

[PR]
by minstrel1209 | 2008-12-18 06:57 | essay

宇宙塵


冬の日に透かす琥珀の宇宙塵

鎖骨かな低きところを冬の鳶

狩の本に毒を仕込むといふ役目

揺れながら冬麗の実となりにけり

直会に鶯の子の来てゐたり

マトリョーシカの中にわたくし着ぶくれて



河 2月号 銀河集    2009.2.
[PR]
by minstrel1209 | 2008-12-14 11:12 | poem

Kyoto stroll

e0116532_22131119.jpg



e0116532_22133496.jpg



e0116532_22135692.jpg



Deine Zauber binden wieder
Was die Mode streng geteilt
Alle Menschen werden Brüder
Wo dein sanfter Flügel weilt


e0116532_22142019.jpg



e0116532_22144193.jpg



e0116532_2215207.jpg



歓びよ 神々の輝きよ

神秘の力は 

引き裂かれたものを 結び合わせ

すべての人々は兄弟となる

あなたの優しい翼に抱かれて


e0116532_22164766.jpg


e0116532_22174261.jpg



An Die Freude 第九の夜に
[PR]
by minstrel1209 | 2008-12-01 00:22 | scene