Minstrel☆Sanctuary

タグ:forest ( 9 ) タグの人気記事

ボレロ

 

  めつむりてみひらいて鐘鳴つてゐる
          ボレロを踊るひとりの胸に







e0116532_11505595.jpg








原人の海図 テーマ 金偏 2012-7






.
[PR]
by minstrel1209 | 2014-06-08 11:52 | poem

異界とは





異界とは








e0116532_12354286.jpg









  わたしの内に生まれくる

         翼あるいはいつぽんの角











原人の海図 2013-8  テーマ お化け  鬼やもののけ妖精妖怪変化の類いの異形の物の全て










.

More
[PR]
by minstrel1209 | 2013-09-01 12:40 | poem

空の音

  
 

空の音水の音して小鳥来る


なんばんきせるなんばんきせる魔法解く


まらうどに月光の椅子置いてあり


天使来てふうせんかづらの種落とす


火祭の果てけりふつと足の裏


行き先を知らず水澄む國にをり


温室で眠つてしまふそんな人


ランプ小屋から冬麗のかまきりが


遠くまで旅する猫や渇水期


着ぶくれてひとつひとつが科白めく





e0116532_2042674.jpg







紫野からの帰り道、雪のような白いものが空から舞い降りてきて、目の前を過ぎった。綿虫だ。大綿、雪婆、雪螢。掌の上で蒼く儚い耀き。冬が来たんだなと実感する刹那。
 数年前、なぞやしきの企画展に俳句を出展。ご縁に導かれるように、京大植物園観察会、京大俳句会へ。自然に触れたり、句座を結んだり。いつか写真の面白さに目覚め、いっそうの豊穣時間が流れてゆく。
 企画展に作品を発表すると、友人知人はじめ多くの未知のかたが訪ねて下さる。人と作品が空間で結ばれ、心地よい緊張感の中で作品は脈動を始める。そんな場の魅惑に引っ張られ、写真と詩のコラボレーションという小宇宙を漂泊する愉悦を見つけてしまった。
 興福寺の阿修羅に再会したとき、時間の大河の中で磨耗した記憶は、幾度も修復され鮮明に甦ることを体感。優れた作品とは、写生を超えた意識的無意識的な想いの多重露光だ。重ねるほどに、作品の透明度は増すだろう。良きものに触れ、その印象を自身の記憶や想いに重ね紡いでゆけたらと密かに願う。
 俳句は心を映す自身の鏡。いまこの星で起きているコトやモノに共鳴し共振する。そんな鏡面の煌き、曇り、刹那のゆらぎを掬い取ってくれるのが季節の言葉=季語だ。季語が標となって自在に心の襞へ分け入ってゆく。何処から来て何処へゆくのか。幻燈のように移ろいゆく銀河のほとりで、マイナスをプラスに、そんな転換の境地をこころざす。







京大俳句会会報   2011-11






.

More
[PR]
by minstrel1209 | 2012-12-09 20:07 | poem

第23回現代俳句協会青年部シンポジウム「洛外沸騰 ―今、伝えたい俳句 残したい俳句―」

現代俳句協会青年部シンポジウムのパンフレットに
2枚の森のフォトを使っていただきました~^^*
ありがとうございます 現俳★フォトデビュー^^♪






e0116532_17535271.jpg








第23回現代俳句協会青年部シンポジウム「洛外沸騰 ―今、伝えたい俳句 残したい俳句―」

日時:平成24年11月17日(土)14:00(開場13:30)~17:00(予定)
懇親会:18:00~(同会場にて)
開催場所:知恩院 和順会館 京都市東山区林下町400-2(TEL075-205-5013)
出演:パネリスト:青木亮人(俳句研究者)岡田由季(炎環・豆の木)松本てふこ(童子)彌榮浩樹(銀化)司会:三木基史(樫)
主催:現代俳句協会青年部/関西現代俳句協会青年部
参加費:シンポジウム:一般1,000円、学生500円
懇親会:一般6,000円、学生4,000円
現代俳句協会青年部シンポジウム案内ページ:http://kangempai.jp/seinenbu/
申込フォーム:http://kangempai.jp/seinenbu/form.htm






e0116532_17543192.jpg







photo by Kumiko Noda





.
[PR]
by minstrel1209 | 2012-11-02 17:56 | information

鳥雲に ☆・*:..。o○☆*゜¨゜

.



春塵は記憶の底で尖りゆく



さへづりのやうにたましひふるはせて



方舟が朧を吐いてゐるらしい





e0116532_13363869.jpg






限りなく天へ近づく春の雪



海市かな わが足音を響かせる



まだ見えぬものを見たくて鳥雲に








2012.2.27.~3.11. シャシンとコトバ展 Acru Gallery






.

More
[PR]
by minstrel1209 | 2012-03-19 13:41 | poem

長針 ☆・*:..。o○☆*゜¨゜

長針の大きく揺れて分かれゆく
      また逢ふためのこの春の雪




原人の海図 2012.2.   テーマ 分






e0116532_12142113.jpg





  

2012.2.27.~3.11. シャシンとコトバ展 Acru Gallery





.

More
[PR]
by minstrel1209 | 2012-03-19 12:16 | poem

ひかりの種 ☆・*:..。o○☆*゜¨゜

逢ひにゆく
  それはひかりの種だつた
     いつかこころに根を張つてゐて








原人の海図 2012.1.  テーマ  光と影
 






e0116532_1213046.jpg








2012.2.27.~3.11. シャシンとコトバ展 Acru Gallery 






.

More
[PR]
by minstrel1209 | 2012-03-19 12:05 | poem

夢のあとさき

またたきにオセロの黒を裏返す
夢のあとさき まひるまの月










e0116532_1927616.jpg










ハナイロ展 at Acru 2011.8.







.

More
[PR]
by minstrel1209 | 2011-10-19 19:29 | poem

時間軸

e0116532_11375640.jpg









以降とは修司のゐない時間軸 一面鏡は水面のやうに








原人の海図 2010.5.  テーマ 1984年以降の世界事象








.

12月は東京へ♪ 実験的アーティスト集団Alphact Project Act6【SHIKI】
[PR]
by minstrel1209 | 2010-11-17 11:38 | poem