Minstrel☆Sanctuary

記憶のメビウス

匂いは記憶を呼び醒ます。
岬の果てまで霞のヴェール。
静謐な渚。靴が濡れていく。
零れる砂のように櫻は匂いを放っている。

アカデミー賞ノミネートの勢いで傍聴した運命の公開選考会。
俳句界賞受賞という大きな夢が叶った。
想いを掬っていただける感動の一方、
想いを伝える為、煌めくいのちを込めなくてはと痛感。
選考に携わって頂いた先生方、
どんなときも信じ見守って下さる師、友、家族に心より感謝致します。

櫻がメビウスの眠りを解いてゆく。
清冽な香りに導かれ、また旅に出ようか。



俳句界5月号 第6回俳句界賞受賞の言葉   2004


選考委員   有馬朗人  大峯あきら  岡井隆  辻田克巳  松澤昭 (敬称略 五十音順)
[PR]
by minstrel1209 | 2007-02-16 17:33 | essay