Minstrel☆Sanctuary

 星には花が

    
                      
サン=テグジュペリは、砂漠が美しいのはどこかに井戸を隠しているからだと書いています。昭和六十三年、京都大会に満一才の娘を伴い参加。無邪気に駆け回る娘の後を追って、大らかな微笑の照子先生に遭遇、身に余る優しいお言葉をいただきました。競泳が先生の選に。コメントは「茫洋としたところに期待します」母曰く、詩人の直感で本質を見抜いておられると。慈愛のまなざしは千里眼でもあったのですね。

              
   返り花して海彦の櫻かな       角川照子

 
平成二年、鹿児島大会。真の挨拶句とは?どうすれば心の篭った挨拶句が生まれるのだろう。これは初心の頃からの最大の謎であり、永遠のテーマ。その答えは、常に先生の作品そのものに在ると感じます。砂漠の井戸も遥かな星に咲く花も目には見えない。先生を想うとき、サン=テグジュペリの言葉が消えては浮かびます。同四年、春樹先生のサンタマリア号帰港で神戸メリケン波止場へ。「純ちゃん元気?」と娘のことをまず尋ねて下さる照子先生の細やかなお心遣いに、胸の奥が熱くなりました。


   雁来紅湖に果てのありやあり     角川照子

 
同十年、長浜大会。会場のエレベータから思いがけず出て来られて、お声をかけていただいたのが最後となってしまいました。雁の頃、岸壁に鼓動のような音を立てて打ち寄せる湖の印象は、殊に切ない想い出です。
 
おそらく太い万年筆なのでしょう。独特の文字で綴られたお手紙の行間から滲み出す温もり。河誌が届くと真っ先に開ける青柿山房だより。先生の柔らかな息遣いさえ感じられて、いつも勇気をいただきました。人に対して、どんなときも心のドアを開けておくことの大切さを教えて下さった先生。こんなにも突然お別れが訪れるとは。先生を乗せた銀河鉄道は、源義先生と真理さんの待つ駅に辿り着いたでしょうか。
 
同十五年六月号俳句界の表紙を飾る照子先生の笑顔。雛のエピソードがあまりにも痛いです。癒えない悲しみを抱えながら、他者を包み込むことができる人の笑顔。遠くて見えないけれど、瞬く星には花がひとつ咲いている。掲句、春の明るさと淋しさが寄り添って、限りあるからこその命を輝かせる。その清冽な香気に背筋を伸ばす思いです。
  

春筍の身を反らしつつ相寄りぬ    角川照子
  




河 2月号  角川照子追悼特集号   2005
[PR]
by minstrel1209 | 2007-02-18 12:20 | review